「語り続けて」が懐かしいなどと言ってくれる方がいますが、かつては毎週書き続けた小論?でした。今は細々。でも思いはいっぱい。喜怒哀楽、言わぬは腹ふくるる技です。
少し硬いですけれど読んでください。
 クリック  2010年〜 
ちょっと昔の語り草 

2004年度版

2005年度版
2006年度版
 2007年度〜2009年度
劫初より造り営む殿堂に吾も黄金の釘ひとつ打つ
【与謝野晶子】